健常人ドナー検体


おはようございます!

梅雨入りとなり、毎日曇り空が続いていますね。

梅雨といえば紫陽花が思い浮かぶのですが、紫陽花は長崎が有名ですね。

アジサイは万葉集にも書かれており、古来より日本の植物ですが、世界へそれを紹介したのは医師のシーボルトです。

鎖国時代に日本へやってきたシーボルトは医学を広める傍ら、日本の植物や動物の研究も行っていました。その中の一つがアジサイであったとのことです。

シーボルトはアジサイの美しさを自身の愛した女性(お滝さん)に重ね、アジサイを世界に紹介する際に「ヒドランゲア・オタクサ」と名付けました。オタクサはシーボルトがお滝さんと呼ぶ際の発音をそのまま取ったものです。

長崎では現在もアジサイはオタクサとして知られており、お菓子の名前にもなっています。

アジサイを見るときは、シーボルトのお滝さんへの想いも感じながら、見てみるのもいいですね♪

本日は歴史小話でした。

さて、商品紹介です。

当社では多くの生体試料を取り扱っておりますが、健常人ドナー検体のご依頼も多く受けております。血漿/血清/全血/尿/便/PBMCなどのご用意可能です。

容量様々で1-2 mL/ドナーの個別検体から1 L/本のプール検体まであり、用途によってご提案します。

EDTA, Na Citrate, Heparinなど抗凝固剤も選択いただけます。

個別検体を大量にスクリーニングする場合にも1,000検体ほどの在庫を持つサプライヤーもございますので、是非、お問い合わせください。

当社の健常人検体

・コロナ禍前/コロナ禍後に採取された検体の入手可能

・100, 1,000検体などの大量発注にも対応

・ウイルスチェック陰性検体

・在庫リストの提出可能

・数100 Lのプール血漿・血清も対応可能

個別検体 血清リストの(例)

健常人検体も100検体, 1,000検体となると入手が難しいかと思いますので、そのような案件は当社にお任せください!

ブログの更新連絡をご希望の方は下記ご登録お願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中